もう水や汗なんて怖くない!アートメイクの知られざる美点

気になる腫れはどの程度?

麻酔クリームを用いることもあり、こしょばゆくなる人もいれば刺激的だと言う感想も。

綺麗な私までのステップ

完成するまでには幾度か来院すること。初めに行なうのはカウンセリング。

レディ READ MORE

眉と目元、あなたはどちら?

代表格はアイブロウとアイライン。どちらもやってみるとかなりの効果を実感!

カウンセリング READ MORE

選べるカラーは多種多様に揃っている

必ずしもカラーは茶色に限らず。赤めならレッドも混ぜ込んで。

ガード固め「最強メイク」

ウーマン

メイク落ちする原因

女性は自分に似合うコスメを探して綺麗にメイクします。コスメにはウォータープルーフと言って、汗や水に強いタイプのものもありますが、それが万能かと言えばそうではありません。メイク直後はサラサラとしたお肌の状態でも、時間の経過と共に皮脂が分泌され、余計にメイクが落ちやすくなっていきます。そうなるとアイブロウもマスカラもアイラインも消えてしまうことに・・

アートメイクとは

そこで、メイク落ちの不安を抱えた女性に朗報!いつでも美しい私でいられるアートメイクが誕生したのです。アートメイクとは、皮膚内部に直接カラーを入れるので、水や汗に影響されない最強メイクです。皮膚内部にカラーを入れると聞くと、それってタトゥー?と思われるでしょう。仕組みとしては似たようなもので、それを行なえるのは医療従事者と定められている為、安心です。女性としての自信UPに繋がるでしょう。

アートメイクを決意!その理由は?

必ず行なう日々のメイク時短

no.1

女性にとって毎日続けるメイクは、人生において時間換算するととんでもないものに・・!そんな時間を少しでもムダにしたくないならアートメイクが断然おすすめ。

日々の15分短縮でも、それをトータルで考えると大きいですよね。お風呂から上がってそのまま外へ出られちゃうのも魅力的。

アートメイクにはアイブロウからアイラインまで揃っているので、一度施しちゃえばデザインが変わることもありません。

温泉やプールを気兼ねなくエンジョイ

no.2

女性がメイク落ちを気にする現場には温泉やプールもあります。どんなに強力なウォータープルーフタイプのコスメでも、温度の高い湯気には負けてしまいますよ・・

大好きな彼氏と温泉に行って麻呂眉だなんて避けたいところ!それなら水や汗の影響を受けないアートメイクにしちゃえばいいんです。

その効果は長くても2~3年は続くので、デザイン選びは慎重に行なうべき。トレンドメイクは日々変わっちゃいますからね。

メイクがそもそも苦手で自信なし・・

no.3

メイクが苦手な人はたくさんいるでしょう。毎日やったところで苦手なものは苦手なんだから仕方なし。でもメイクしなければ、まるで身だしなみに気を遣ってないみたい・・

そんな悩みは捨て去って、最新のアートメイクで仕上がりの綺麗な顔をキープしちゃいましょう。デザインは豊富に揃っているので、自分に似合うアイブロウやアイラインをアドバイスしてもらえますよ。

美のプロがあなたを垢抜け顔に仕上げてくれます。

初めてのアートメイクを体験してきました!

思ったよりも痛くないので驚き (20代)

利用先では、施術のときに痛みが生じることを考慮して緩和クリームを使ってくれました。それのおかげか、痛みはそこまで大きく感じず。比べると眉よりアイラインが刺激的でしたが・・(笑)

施術後のケアもばっちり! (40代)

この歳になって、もうお化粧なんて面倒くさいと思って体験。術後は腫れ上がると聞いていたので怖かったんですが、そんな恐怖もなんのその。スタッフさんがしっかりケア法を教えてくれました。

毎日同じメイク顔 (40代)

自分でメイクを施していたときは、メイク後の顔がいつも違っていたように思えます(笑)でもアートメイクならそんな心配ないですもんね。いつも同じ仕上がりでやって良かった!と大満足です。

しっかりパッチテストから (30代)

念願のアートメイクに!メイクから解放される~と喜んでクリニックへ。まず皮膚に異常が出ないよう、しっかりパッチテストから行ないました。担当者も医療資格を持つ先生で安心できましたよ。

【PR】
アートメイクなら初めてでも通える
利用内容を事前にチェック!

アートメイク、その施術時間は意外に短い

アートメイクは今でこそ、メニューが増えていますが、メインとなるものはアイブロウとアイライン。どちらも長くて2~3時間で終了します。施術は皮膚に特殊な器具を使って、専用の塗料で染色させていきます。

入れ墨のような印象を持っている方も多くいますが、入れ墨と比べると痛みが少ないです。口コミにもあったように麻酔クリームを使用できるクリニックもあるので、事前に確認しておくのがおすすめです。